株式会社 岩野商会 > インテリア通信 > カーテン > カーテンの「省エネ効果」に注目。

インテリア通信

毎日の暮らしを快適にする、インテリアのちょっとしたヒントをご紹介します。
「お部屋のイメージを変えたい」「新生活を始めたい」「インテリアをリフレッシュしたい」ときなど、参考にしてください。
クロスやじゅうたんの張り替え、窓まわりのリフォームなどは、安心のプロ集団におまかせを。


カーテンの「省エネ効果」に注目。

夏でも冬でも、住まいの温度(室温)は「外部の気温」に左右されます。外部からの熱が伝わりやすいほど、冬には冷気が、夏には熱気が室内に入り込みやすく、せっかくエアコンなどで快適に調整した室温を変化させてしまいます。

断熱対策は「窓」から

カーテンの「省エネ効果」に注目。昔に比べて「高気密・高断熱」が当たり前になってきた現代の住宅。寒さ・暑さがもっとも侵入してくるのは、開口部が大きく、熱の伝わりやすい「窓」です。これに対応するには断熱サッシや二重窓などの採用が考えられますが、新築やリフォームのタイミングでないと、なかなか難しいでしょう。

そこで注目したいのが、模様替え感覚で気軽に変更できるカーテンやブラインド。実はそれだけでも、熱の出入りを阻む効果があるのです。

 

カーテンは「二重掛け」が基本

断熱に重要なのは「空気層」です。厚手のカーテンとレース、レースと窓ガラスの間に空気層ができることによって、断熱効果が高まります。特に冬場は二重掛けが基本です。

 

カーテンボックスをつける

カーテンボックスには意匠的な効果だけでなく、「窓をしっかり覆う」という役割もあり、外気の侵入や室内の熱の流失を防いでくれます。レールと一体化した手軽なものも市販されているので、後付けすることも可能です。

 

たっぷりとドレープ(ひだ)をとる

ひだをたくさん取ることで「空気層」ができ、それによって断熱効果が高まります。一般的なカーテンは窓幅の1.5倍程度の生地を使用しますが、できれば2~2.5倍の生地を使うといっそう効果が高くなります。

 

カーテンの長さは床まで

腰高の窓でもカーテンの丈を床まで伸ばすと、冷気の侵入をよりいっそう防ぐことができます。同じ部屋に掃き出し窓がある場合は、カーテンの長さが揃うため統一感が出て見た目も美しくなります。

 

目の詰まった生地を選ぶ

カーテンの生地によっても、外気の侵入率は変わります。同じ厚手でも、ざっくりと目の粗い生地より、織りのしっかりした目の詰まった生地の方が、断熱効果は高くなります。手持ちのカーテンに「裏打ち」する方法もあります。

 

機能カーテンを利用する

光を遮る効果のある「遮光カーテン」や「断熱カーテン」を併用すれば、熱の出入りを防ぐ効果が期待できます。主に効果を発揮するのは夏ですが、冬場の対策としても有効です。

インテリア通信

カテゴリー

  • 社員交流活動
  • ソフトボールチーム がんばれ!Rock Fielders ロック・フィールダーズ!!
  • 「テケテケ」エレキおやじの部屋
  • 寺内タケシさんからのメッセージ
Top