株式会社 岩野商会 > 女性活躍に向けて > 活躍する女性技術者

活躍する女性技術者

齊藤  りのさん

岩野商会に入社したきっかけは?

父が「とび」の仕事をしていたので、小さい頃から建設業界に親しみがありました。工業高校で建築設計を学んだのですが、ずっと座っている仕事(設計業務)は太るからいやだなと思って(笑)。体を動かす仕事をしようと思いました。
岩野商会は、学校に来ていた求人を見て、受けてみようと思いました。でも社内の「女性技術職第一号」と聞いたとき、実はとても緊張したし、ちゃんとできるかな…と不安もありました。

入社してみて、どうでしたか?

pic 1男の人しかいないので、はじめは気まずくて、恥ずかしかったです。
現場では、知らない職人さんから声をかけられたりして、それもすごく恥ずかしかったですよ。
でも周囲のみなさんが気を遣ってくれるので、頑張らなきゃ!と自分に気合を入れました。
3年経ち、だいぶできることが増えてきて、「やっといて」って任されることもちょくちょく出てきました。でも現場に歳の近い先輩がいなくて、自分の上達ぶりがどの程度なのかわからないこともあって、「失敗したらどうしよう…」っていつも思っています。とりあえず、そう思わないように早く自信をつけないとなあと思います。

女子の少ない現場で、困ったことはありませんか?

pic 2現場によりますが、まだまだ「女性専用トイレ」が少ないですね。ときには近くのコンビニに行ったりしてしのぐことも。そこは改善してほしいですが、女子が増えれば現場も自然と変わらざるを得ないので、下から変えていけるようにならなくちゃと思っています。
「床」を担当していますが、材料が重いんです。大きいものは長さが18mで、ひと巻きの重さが私の体重の倍くらいあるものも。そういうものは、先輩方が持ってくれるのでありがたいですけど。

休みの日はどんなふうに過ごしていますか?

古着が好きなので、古着屋さんめぐりをすることが多いです。
また演劇をやっているので、公演が近い時期は稽古に励みます。平日、仕事が終わってから稽古に行くことも。体が疲れていても、好きなことに打ち込んでいるので、すごくリフレッシュになります。

まだ見ぬ女性の後輩へメッセージを

「男だけの仕事」じゃないので、女子もぜひたくさんチャレンジしてほしいです。現場にもっともっと女子が増えたらうれしいな。

先輩から

pic 3彼女のおかげで現場がとっても明るくなりましたよ。女性ならではの目線で気がついてくれることもたくさんあるし。これまでは男ばかりだから、自分たちの言葉遣いも気にするようになったしね。
「りのさん」「おじょう」「ひめ」「ねえさん」・・・毎日呼び方いろいろ、冗談でかまうこともできるのは、女性であるという以上に、彼女が明るいキャラクターだからでしょうね。(張替さん談)

齊藤さんのとある一日

杉浦  葵さん

岩野商会に入社したきっかけは?

中学時代、友だちの両親が左官屋さんを営んでいました。ペンキの着いた服の感じがかっこよくて、また夫婦でいつも一緒に仲良く仕事をしている姿が素敵だなあと憧れていました。
体を動かすのが好きだったこともあり、左官屋になろうと考えていました。高校の授業でも芸術を選択するなど準備して。でも、いざ就職先には左官業の募集はなくて、たまたま募集のあった岩野商会に入社することになりました。
当初は恥ずかしながら社名を聞いたことがなかったんですが、テレビでCMをやっているとか、家族や友だちなど周りの方が岩野商会のことをよく知っていて驚きました。

入社してみて、会社の印象はどうですか?

pic 4まず、社員数が多くてびっくりしました。大きな会社だったんですね(笑)。
上の方はみなさん「お父さん」のような方ばかりですが、年の近い先輩はみんな面白くて、カッコイイ人が多いです。友だちにも「イケメンがいっぱいいるよ!」って自慢しています。
仕事の基本は手取り足取りではなく、自分で見て、考えて、「どんどんやらせて」くれます。そして自分でやったことを確認して、体で覚えていく感じですね。先輩は、聞けばなんでも丁寧に教えてくれます。わからないことは「自分から聞く」っていう姿勢が大事だと思います。

仕事についてはどうですか?

pic 5いろんな現場に行けるのが楽しいです。遠いところに行くと景色も環境も違って、トクした気持ちになりますね。現場が違えばやることも違うし、毎日変化があって楽しいです。友だちにもうらやましがられますよ。
同期入社の子は、現場が違うと会う機会も少ないのですが、彼らの成長は気になりますね。男の子には負けないぞ!って思っているので、周りから彼らの成長ぶりを聞いたりして。直接本人には聞けないので(笑)。それで刺激をもらってます。

女性の少ない職場ですが?

pic 6男の人しかいなくて、朝が早くて、体力を使う仕事ですが、重いものは先輩が持ってくれたり、みなさん気を遣ってくれるのでありがたいです。
現場は男性ばかりですが、自分が「男っぽくなる」ことはないですね。
手が荒れちゃうので保湿に気を使うし、髪の毛もトリートメントをしっかりするし、ネイルも手はダメだけど足はやるし。逆に「女子力」は上がると思います(笑)。

会社へひとこと

みなさん本当に気を遣ってくださるのですが、もっと「雑に」扱ってくれていいんですよ。私はオトコ兄弟ばかりですし、周りの友だちも雑なので…(笑)。気を遣われるとかえって恐縮しちゃいます。

今後の目標はありますか?

「女だから」ではなく、「女なのに」…って、後輩から憧れられる人になりたいです!

「岩野建設専門技術訓練学園」で学んでいます

pic 7入社後、1年間は「岩野建設専門技術訓練学園【通称「学園」】」で、学科と実技を学びます。午前から座学、そして午後は実技をみっちり。試験に合格して卒園すれば、「技能士補」の資格がもらえます。卒園試験は、クロスも床もあるんです。同期の男の子には負けられないので、一生懸命勉強してます!!

Top